北陸に名高い北國銀行

北國銀行のユニークな点

北國銀行は、福井県、石川県、富山県などの北陸地方に主な営業エリアを有している金融機関です。北陸といえばその地域性から「北陸で売れた商品は全国でも通用する」と言われるほどの先進性を持っている地域としても認識されています。そんな北陸に拠点を置く北國銀行ですから、当然ユニークなサービスや商品を顧客に対して提供しています。

例えば、JAバンク(かつての農協)との連携は、地方銀行の中でも先進的な連携として評価されています。もともと北陸地方は米作が盛んな地域であり、農業従事者も多いことからJAバンクのシェアが一定分存在しており、かつては北國銀行もライバルとしてしのぎを削っていたのですが、逆に取扱手数料が見込めることや、新規でATMを開設するコストが軽減できることもあり、ATMの相互開放に踏み切ったのです。昨日の敵は今日の友、と言えるこの連携は、他の地方銀行も積極的に行うようになりました。

その他、他の金融機関とのシステム共同開発も、北國銀行ならではの取り組みです。独自に専用のシステムを開発するのではなく、地方銀行同士が共通のシステムを開発するという取り組みは、北國銀行がその先鞭をつけた事例です。また、コンビニATMを設置しているセブン銀行や、イーネットとの連携も行ったことは、北國銀行のユニークな点と言えます。

実際、これらのユニークポイントをきっかけに、直接顧客に還元できるサービスも多く生まれています。これからも、北國銀行には積極的にユニークなサービスを提供してもらい、顧客が満足できる商品を多く提供してもらえることを期待します。