北陸に名高い北國銀行

北國銀行の足りない点

最近、どこの銀行も様々な競争を行い、多くの顧客を獲得し、自己資金をアップさせようと躍起になっています。特に地方銀行ではその傾向が高まっています。なぜなら、インターネットの普及により、ジャパンネット銀行やソニー銀行、楽天銀行などのインターネット専業銀行が多くの顧客を獲得し、地方銀行は顧客の減少に頭を悩ませているのです。そのため、他の銀行に負けないサービスを積極的に取り入れることが、これからの「銀行戦国時代」を乗り切るために、欠かせないこととなっているのです。

北國銀行でも、インターネットバンキングや投資信託、外貨預金のサービスなどを積極的に展開しており、他の地方銀行と比べてもかなり抜きんでたサービスを提供しています。ですが、インターネット専業銀行などと比べてみると、まだまだサービス不足の部分もあります。

特に北國銀行で導入してほしいサービスは「インターネット専用支店」のサービスです。インターネット専用支店は、建物を構えている「支店」ではなく、インターネットバンキングにおいて通用するWeb専用支店ともいえるサービスです。実際の店舗を持っていないことや、人件費が不要であること、それに通帳も発行しないなどのコスト削減でもできることもあり、インターネット専用支店ならではの金利加算ができるメリットがあるのですが、北國銀行ではまだインターネット専用支店のサービスを導入していません。

もともと北國銀行はコンビニATMやJAバンクATMとの連携など、他の銀行に負けない利便性の向上を図っているなど、ユニークな取り組みは多数行っているのですから、ぜひこの機会にインターネット専用支店も開設して、顧客の獲得に際して武器としてほしいものです。