東北で輝く北都銀行

北都銀行と地域との関係

昨今の経済情勢を踏まえて、より地域に密着した経営が求められている銀行。北都銀行でも、通常の銀行サービスだけではなく、地域創生や地域活性化につながるさまざまな地域貢献活動を、営業エリア内において積極的に展開しています。特に北都銀行は、フィデアホールディングスの配下にあることもあり、秋田県のみならず、山形県内でも積極的な地域貢献活動を繰り広げています。

北都銀行の主な地域貢献活動は、環境保護活動と文化・スポーツ活動への支援です。環境保護活動と言えば一般的に植林活動が知られていますが、北都銀行ではそれ以外にも、環境保護のために欠かせない二酸化炭素の排出抑制などを図っています。最近では秋田県内で行われているバイオマス発電に関する支援を積極的に行っています。バイオマス発電は秋田県内で多く出てくる間伐材を有益に燃料として利用できることもあり、環境に優しいエネルギーとしても今後活用できるでしょう。

文化・スポーツ活動への支援では、「東北六魂祭」など、秋田県を代表するイベントへの支援を進めており、同時に東北地方を中心として開催されるスポーツイベントへの協賛や後援にも積極的に取り組んでいます。あと、北都銀行バドミントン部は日本屈指の実力を備えているチームで、オリンピック出場選手を多く輩出していることでも知られています。

また、最近ではビジネスマッチングの推進による地域経済の活性化にも大きく貢献しています。首都圏の企業と秋田県や山形県内の企業とを結びつけ、あらたな顧客の獲得を後押しするとともに、異業種間交流を積極的に進めることで、より大きなビジネスチャンスが生まれるよう、その土壌づくりを積極的に行っているのも北都銀行の特徴です。

金融サービスだけを提供するのではなく、地域密着型金融を実践することが、昨今の金融機関には求められている時代、地域の育成を行うことも、経営理念として重要になってきました。北都銀行はその流れを着実に実践している金融機関と言えるでしょう。