北陸に名高い北國銀行

北國銀行の歴史

北國銀行は、石川県金沢市に本店のある地方銀行の1つです。北國銀行という名前なので北海道や東北地方にあるような銀行と思われがちですが、主な営業エリアは石川県を中心として、福井県や富山県などの北陸地方が中心となっています。京都府や大阪府にも支店を構えていましたが、京都支店を大阪支店に統合するなど、不必要な支店の統廃合も最近では行われています。

現在の形になったのは昭和18年に加能合同、加州、能和という3つの地方銀行が合併したことによります。その後も同じ石川県に本拠地を置く石川銀行とのシェア競争を繰り広げてきましたが、その石川銀行が平成13年に経営破たんすると、石川銀行の一部店舗を譲り受けることで、石川県内において営業エリアを拡大することも行いました。

現在は石川銀行の後を受けて、石川県や金沢市の指定金融機関(公金を扱う窓口として定められた金融機関)を受託するなど、官公庁関連の取り引きも拡大し、ますます石川県内において取引件数を増加させています。また同様に、様々な金融商品の展開を図り、顧客の獲得も目指しているところです。

ライバルとしては、北陸地方に幅広い店舗を持ち、自己資産も地方銀行のトップ10に入るほどの規模である「北陸銀行」や富山県に本拠地を置く「富山第一銀行」などが挙げられます。特に北陸銀行は石川県のみならず北陸三県や滋賀県、新潟県などの幅広いエリアに店舗を保有していることもあり、北國銀行としても侮れないライバル銀行となっています。