東北で輝く北都銀行

北都銀行の経営展開

北都銀行は、秋田県横手市で設立された第二地方銀行の羽後銀行が、同じ秋田県内の第二地方銀行であった秋田あけぼの銀行と合併して発足した銀行です。合併のきっかけは、秋田県内で第一地方銀行として顧客を多く獲得していた秋田銀行に対抗するために、他行と合併して秋田銀行を超える銀行となることを目指したものでした。

そんな北都銀行もバブル崩壊のあおりを受け、経営が窮地に陥りました。バブル崩壊の結果、北都銀行は経営再建のため、店舗の閉鎖や社員のリストラなどを行い、経営の立て直しを図ることになったのです。

バブル崩壊後は、県域を越えた連携をはかる銀行業界の流れに北都銀行も乗り、山形県の荘内銀行と経営統合し、フィデアホールディングス株式会社の子会社となることで、広域的な金融グループを構成し、秋田銀行と張り合える経営基盤を確保することができました。もちろん、ここまで至る間には多くの困難があり、整理回収機構を通じた公的資金の導入などの困難を、何とか乗り越えて今があると言ってもいいでしょう。

その後、生命保険などの保険商品の取扱サービス開始や、ローソンATMとの提携開始など、地域金融機関として様々な業務を行い、地域に愛される金融機関への脱皮を図りつつある北都銀行。最近では北海道で行われる予定の風力発電へ融資を行うなど、企業として環境事業への投資にも積極的に取り組んでいたり、行内における女性の登用にも積極的であるなど、新しい社会の時流に対応した経営を行っています。