世界経済を支えるIMFの仕組み

IMFが為替市場に与える影響力

IMFは、時に為替市場に介入することがあります。為替とは、各国の通貨を交換する際のレートを定める「為替市場」において取引されていますが、その取引にIMFが介入して、急激な為替の変動を防ぐことがあります。これぞIMFが持ち得ている最も大きな影響力の1つなのです。

為替相場の急激な変化は経済状況のバランスを明らかに損ないます。例えば円とドルの関係で例えてみると、円高ドル安であれば日本にとって輸入は安く仕入れられますが、その分輸出はコストがかかるようになります。もちろん円安ドル高であればこの逆の現象が起きます。もしこれらの為替変動が「急激」に起こってしまうと、日本経済は混乱を招きます。資源の値段が高くなり、また資源の輸入コストが急激にかかるようになれば、私たち国民の生活にも悪影響を及ぼします。

このような悪影響を軽減するために、IMFでは直接為替市場に介入を行ったり、政府として為替市場に介入する場合の原資を融資するなどの方法により、為替相場の変動による悪影響を少しでも抑える方策を行っているのです。もちろん融資なので、後に返還をしてもらうことも忘れてはいません。きっちり返還がなされるよう、融資国への経済改革や財政改革を行わせることも忘れてはいません。

各国の経済にとって、自国の通貨価値が定まらないほど経済のリスクとなる要因はありません。IMFではそれらのリスクを軽減するための政策を行うことで、国際連合の組織として、世界経済の安定を図るための影響力を保っているのです。