世界経済を支えるIMFの仕組み

IMFは経済のレスキュー隊

IMFは加入している国にとって、経済のレスキュー隊ともいえる役割を担っています。株式の暴落、通貨価値の暴落、国債の暴落などにより、各国の政府は急激に財政状況が悪化するリスクを常に保有しています。日本のように規模の大きな国であればそうでもないですが、新興国や発展途上国などでそれらのリスクが高まると、国そのものが崩壊する危険性もあります。

そんなときに、IMFは緊急融資を行い、国の財政が破たんする事を防ぐセーフティーガードの役割を果たすのです。国の経済を支えるための融資を行うことはもちろん、最悪の場合は国際連合の機関であることを活かし、直接その国の経済を管理する強権を発動することもあるのです。

つい最近IMFが強権を発動したのは、1997年に起こった「アジア通貨危機」です。この危機では、アメリカドルの急激な上昇によって、タイやマレーシア、インドネシア、それに韓国などのアジアの新興国の通貨価値が為替差益目的で空売りされ、その結果自国通貨の価値が半年で半減するなどの通貨危機が起こりました。

これらの危機に際し、IMFは為替安定のための資金を緊急融資することで、通貨の乱高下を解消しました。また、各国の財政を安定化させるために、支出の見直しや税収の見直しなど、その国の財政面を管理しつつ強権を発動し、経済改革を行わせたのです。支援も融資も行うけれど、その分しっかりと改革を行わせる。これがIMFの持っている一番強い力かもしれません。